ブログ

1月25日(木)年長さんの園外保育!①

 今日は、年長さんと一緒に「木心庵」さんの工場と工房におじゃますることになっていました。

Dscn1046

人数確認と今日の流れの確認中・・・

Dscn1047Dscn1051

いってきま~す!

園バスで20分ほどすると、工場に到着。「木心庵」さんは、木を扱っているところです。今日は、寺下職人さんと、佐藤職人さんにお世話になりました。

Dscn1054

Dscn1055

今日の見学にあたり、3つの約束事をきいているところです。

フォークリフトで、木を運んでいる様子をみせてくれました。男の子たちは、大興奮!

Dscn1059

Dscn1060

「すごい!かっこいい!」と目が輝いていました。

Dscn1061

中にはいると、丸太の木がありました。「木の中は、何色かな?」

白!黄色!   茶色??

Dscn1064

正解は・・・「肌色かな?!」

Dscn1066

いよいよ、工場の中へ。木の橋をわたって、いきました。(木心庵の方々が、こどもたちのために用意してくださいました。さすが!こどもの心をわかっている!)

Dscn1068Dscn1069

一本橋を、得意そうにわたるむらさきさんたち。なぜか、笑顔になってしまいますね。
Dscn1070Dscn1071

中にはいると、大きな機械がたくさんありました。

Dscn1072Dscn1074

大きな木をのこりぎりの歯がついている機械で、切ったり、うすくしたりするようです。木の粉や、薄くなった木(かつおぶしのようなもの)がでます。

Dscn1075Dscn1076

ひのきの良い香りがしました。木の香りって、いいにおいだね。と、女の子たち

Dscn1077

Dscn1078

工作室にはいると、ちゃんと、子どもたちが待機しやすいように、テープのしるしがついてありました。細かい配慮がとてもうれしかったです。

Dscn1082

せっかく工房にきたのだから、木の時計をつくっていくことになりました。

その土台となる木を作ってくださっています。のこぎりで、切るところを見学中・・・

Dscn1083
Dscn1085Dscn1087

ほんとうは、子どもたちにも木を切る経験をしてもらいたかったといってくださったのですが、時間の関係で、できませんでした。

Dscn1092

木を切ったばかりの板と、やすりで、整えた板は、触った感触がぜんぜんちがいます。その違いを自分たちで確かめています。

こどもたちは、見るだけでなく、においを感じ、感触を感じ、五感をつかっています。

Dscn1093Dscn1094Dscn1095

きれいに整えてくださった時計の土台を2枚いただきました。さぁ、これから、工房に移動して、いよいよ時計作りです。