まこまない明星幼稚園について

ごあいさつ

四季折々の美しい自然に囲まれた明るい園舎に子ども達の元気な歓声が響いています。 本園は、今年開園55年目を迎える事が出来ました。 これも、ひとえに幼稚園関係者の皆様の並々ならぬ努力と地域の方々の暖かい支援の賜物と深く感謝致します。 昨今の家庭や学校における様々な子どもの問題の中で、教育の根本が真剣に問われているのではないでしょうか。 本園は、開園以来一貫して神様と人から愛される子ども、 主体性と思いやりのある子どもを育てるキリスト教保育を土台にして、日々励んで参りました。 これまでに本園を巣立った多くの子ども達が、社会の様々な分野で活躍している姿を目にする事は大きな喜びであります。 ところで、少子高齢化や家庭環境の変化の中で、従来の一斉保育や年齢別保育だけでは、現代の子育ての多様なニーズに十分応えられない事が指摘されてきました。 そこで、本園では異年齢混合クラス編制(満3,3,4,5歳児)を実施しています。 その中で、子ども達の自主性を尊重し、異年齢の関わりを大切にしながら保育を展開しています。 また、子どもの発達段階に応じて年齢別クラスによる保育も行い、子ども達のより豊かな成長を促しています。 さらに預かり保育や子育て支援の活動を通して家庭や地域のニーズに応えています。 今後も家庭や地域との連携を大切にしながら子ども達の幸せを祈り求めて行きたいと思います。 どうか、本園の保育を十分にご理解の上、お子様のご入園を心よりお待ち致します。 皆様のうえに、神様の限りない祝福をお祈り申し上げます。
園長 鈴木 真弓

沿革

1964年9月
日本キリスト教団真駒内教会附属まこまない明星幼稚園として設置されました。
1984年4月
北海道知事の認可を得て、学校法人真駒内キリスト教学園まこまない明星幼稚園となりました。
1989年11月
内外装が木目で鉄筋コンクリート・全館床暖房の園舎が新築されました。
1990年4月
3歳児1クラスが増設されました。
1991年7月
小学生の同窓会を毎年行っています。
1998年4月
異年齢の関わりを多くして、子ども同士遊びながら育ちあっています。
2001年4月
異年齢混合(縦割)保育形態に移行しました。
2017年4月
子ども子育て新制度、施設給付型に移行しました。

園の教育

教育の目的

本園は日本キリスト教団真駒内教会の境内地に設置された幼稚園として、キリスト教保育を行います。 即ち、幼児の心身の円満な発達を促すよう適当な環境をそなえ、 神と人に愛される人格形成を目指した保育を目的としています。

教育の目標

「光の子として歩みなさい」というキリスト教信仰を建学の精神とし 「神様と人から愛される子ども、思いやりと主体性のある子どもを育てる」ことを教育の目標とする。
まこまない明星幼稚園

教育の特徴

1.子どもの活動一つ一つを認める自由な保育
子どもが自分で遊びを考え、教材を選び、遊びを創りだして発展させていきます。
2.安全で健康的な保育
静かな環境、明るく広い園舎と園庭で、安全に注意し、健康面に力を入れた保育を行います。
3.子どもと親と教師が信頼で結びあう保育
子どもの豊かな成長のためには子どもと親・教師の深いつながりがもっとも大切です。 この思いでPTAの活動が行われています。
4.神をうやまい人を愛する心の保育
礼拝を通して神の恵みを知り、感謝する心をそだてます。

園の概要

教職員の構成

  • 園長、副園長、教諭、事務員、用務員、通園バス運転手

休園日

  • 土曜日、日曜日(希望者は日曜日の協会学校幼稚科へ出席出来ます)
  • 国民の祝日
  • 夏休み:7月下旬~8月中旬
  • 冬休み:12月下旬~1月中旬
  • 春休み:3月下旬~4月上旬
  • 開園記念日:9月11日(振替あり)

保育時間(登降時間)

  • 登園時間 8:45~9:00
  • 降園時間 14:00
  • 但し、気候の変化、その他の事情により変更する事もあります。

給食・制服

  • 給食は毎週3回、月曜日・水曜日・木曜日に実施しています。
  • お弁当は火曜日・金曜日に持参させて下さい。
  • 制服はありません。